温泉津やきものの里は温泉津焼を見て知って触れられるやきもの体験エリアです。春と秋には登り窯に火を入れて「やきもの祭」を開催しています。

温泉津やきものの里

温泉津焼の歴史

水がめ『はんど』で名を馳せる

温泉津焼は江戸時代、宝永年間(1704-1708)に3窯が開かれたと伝えられます。
その後、石見焼江津地区の職人により技術改良が加えられ、幕末から明治にかけて数多く生産されました。

石見銀山の銀の積み出し・交易港としても栄えた温泉津港はリアス式海岸。大型船舶の寄港可能な天然の良港で、はんどと呼ばれる水がめに代表される温泉津焼がここから全国へ積み出されました。

温泉津焼の歴史

港に隣接した松山地区は急傾斜が多く、登り窯を設けるのに適し、付近からは耐火度の高い良質な陶土、釉薬が産出され、さらに焼成に必要な松樹も多く存在し、やきものには最適の土地でした。あめ色の来待釉に黒色の「たれ」という模様をつけた水がめ「はんど」や、すり鉢、生活陶器が主流でした。

プラスティック製品の普及により、陶器の需要は衰え、水道の整備などにより温泉津焼を代表する「はんど」の生産も下火になっていきました。

温泉津焼の歴史

現在では河井 寛次郎氏(1890-1966)の流れを汲む椿窯、(有)椿窯、森山窯の3窯が温泉津焼の伝統に民芸の風を吹き込んだ作品を作っています。

温泉津焼の歴史