温泉津やきものの里は温泉津焼を見て知って触れられるやきもの体験エリアです。春と秋には登り窯に火を入れて「やきもの祭」を開催しています。

温泉津やきものの里

火入れの裏側|窯詰めの様子

先日、登り窯の火入れが行われました。

しかし、登り窯の中がどうなっているか、気になりませんか?

冒頭の写真は、窯焚きする前の、窯元さんが作品を窯詰めした後の様子を写したものです。

「さや」と呼ばれる円筒形の筒に入れて焼くものもあれば、そのままのものもあります。

ここでこけたりしたら、ここまでの手間が水泡に帰してしまいますので、この窯詰めも窯元さんによって慎重に行われます。

今回のやきもの祭りに合わせて特別に受け付けた創作体験された方の作品も、各窯元さん協力のもと、この中に収められています。

どのような焼き上がりになるのか、ぜひ楽しみにしていてください。スタッフも楽しみにしています。

やきもの祭りは、4月18日(土)・19日(日)の2日間で、両日とも9時から16時までとなっています。


コメントを書く